ヤフオクでの漫画の値段相場

主なネットオークションの1つにヤフオクがありますよね。
大手で利用しやすく、個人でも気軽に使えます。
漫画をオークションで売りたいときにも使いやすいですが、その値段相場はどれくらいになるのでしょうか?

スタート価格は1冊あたり1〜50円の範囲が多い

実際の売り値は入札者の数や金額に応じてどんどん変わりますから、最初のスタート価格の相場をご紹介しますと、だいたい1冊あたり1〜50円の範囲で決めている方がほとんどですね。
それより高い値段で出品すると、買い手が見つかりにくくなるところがあります。
中古の漫画の値段相場として、1冊あたり50円以下、場合によっては1冊1円計算くらいも基本になることは、覚えておくといいでしょう。

これではあまり高値はつかないとガッカリするかもしれませんが、これはあくまで出品時の相場で、実際にはもう少し高値がつくこともあります。
1冊100円ほどになることはさすがに少ないですが、50円以上になることはありますね。
どれくらいの値段になるかは、入札者の多さによります。
多くの購入希望者から入札されるほど値段は高くなりますから、なるべく多くの入札が入るように工夫すると、なるべく高く漫画を売れますよ。

ヤフオクでの出品のコツ

ヤフオクで最初の出品価格を1冊1円にするのも、入札を増やすための工夫の1つです。
やはり中古の漫画にかなりの高値を付ける方は、それほど多くありません。
最初の出品価格が高すぎるとそもそも入札が1件も入らないことも多いですから、それを避けるため、最初のスタート価格の相場はかなり低くなるんです。

複数巻のセットで出品すると入札確率アップ

そこからどこまで入札を伸ばせるかが勝負ですが、これにはコツがあります。
基本的なコツは、複数巻をまとめたセットで出品すること。
たとえば1巻から最新刊まで、1巻から20巻までといったセットですね。
巻数がちゃんと連続でそろっており、途中で抜けているものを出さないと、入札も入りやすくなりますよ。
こうするとヤフオクでも値段が上がりやすくなり、最終的には1冊数十円くらいまでに値上がりすることがあります。
このサイトで高い値段で売れている出品はほとんどがこのケースですから、上手な売り方の相場として覚えておくといいでしょう。

最後に

ちなみにこれは、その漫画本が古本屋などにたくさん出回っているもので、その漫画本自体にも特に特徴はない場合の相場です。
これ以外のものなら、それだけで相場は高くなりますよ。
たとえば絶版になっている漫画など、1冊1000円以上で出品しても買い手が見つかることがあります。
往年の人気漫画の初版なども同じで、かなりの高値がつくこともありますね。
これらなら相場は高くなりますが、そうでなければ1冊1円程度がヤフオクの基本となりますから、注意してください。

コメントを残す